スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by DJがっつ on

無人島でDJ

1-1.jpg

 無人島(ケータ)の仕事がついに先日幕を閉じた。来期としてまた夏過ぎからやるらしいが、季節労働者の定めか、今期集まったメンバーはこれで解散である。家族みたいな間柄になった野郎20数名、掛け替えの無い時間を共にした。その締めくくりじゃないが、無人島生活最終夜にパーティーを企画した。世界遺産の無人島でのパーティーは「最高だった」の一言に尽きる。その一部始終、内部事情をここに密かに紹介したいと思う。
 
 ケータには仕事で行っているので、基本的には規則正しい生活をしている。朝6時朝食、夜9時消灯。ギターを弾いて皆で歌ったり、太鼓を叩いてちょっと騒いだりする夜もあるが、団体生活なのでお互い気を使う。パーティーといえば、クリスマスに一度BBQをした程度。そんな状況下でなんの権限もない一作業員の私がDJ機材とスピーカーを持ち込み、パーティーをしてしまおうと言う企画は結構神経を使う作業だった。ボスの許可はもちろん、漁師さんにもお願いしなきゃいけないし、メンバーの了解も必要だ。小さいスピーカーでBGMを掛ける所から始め、プロジェクターを持ち込んで星空映画上映会をやったり、テスト、リハーサルも兼ねてちょっとずつ探りを入れながら計画を進めていった。機材面においても、始めはターンテーブルさえ持っていなかったし、ケーブル等の備品も島で売っている店などなく、通販で注文して届くのは一週間後。寄せ集めのDJ機材一式が外に持ち出せる状態に組み上がるまで3ヶ月の時間が掛った。

 浜辺に立てた投映スクリーンが良かった。プロジェクターはBENQ製、¥2,7000に送料無料のはずが離島なので+¥3,000。プロジェクター、安くなったなぁ。テストで行った映画上映会ではお祭りテントの側面と天井に映し、それも悪くなかったが、今回特設した海をバックにしたスクリーンは圧巻。映す場所で雰囲気が全然変わる。ちなみに映画上映会では「紅の豚」とSTAR WARS , Bob Marleyを上映した。現場のプロが揃っているので、ものの30分でスクリーンが完成。

1-1-2.jpg

スピーカーは30W x 2本。Sピーカーの台にはシャワーラック。海風呂に入った後、塩水を洗い流す為の台だ。スピーカーが背丈よりも高い位置に来るのは気持ちが良い。

宙に浮く夕日が赤く染まる中、いつもの音楽。ウクレレやギターの弾き語り、おじいちゃんが特別に仕入れてくれたワイン。てんちょーのいつもより豪華な夕飯。前夜から南風が強くなり、船が損傷するなどの事故もあったが、風も大分おさまり天気も良好。

1-1-4.jpg

カメラマン6人の写真を纏めて作ったスライドショー上映がまた最高だった。合計100枚の写真に、私達だけが共有する数々のドラマ。以前の記事で紹介したDance de Ogasawaraも上映。あの動画はYouTubeに公開してから父島でちょっとした話題となり、今じゃ歩いているとよく「あの踊ってた人!」と声を掛けられる。

ケータでのパーティー「野郎だけでやってもなぁ」と企画段階で悩んだことも多々あったが、そんなシチュエーションだからこそ、2度と無い素敵な瞬間になったと思う。ケータにスピーカーを持って行ってあんな良いパーティーをしたのは、恐らく人類始まって以来俺等だけだしね。ありがとう。

Posted by DJがっつ on   2 comments   0 trackback

Comment

Natsumi.S says... ""
やばいね。至極の体験だね。行ってよかったね。
お疲れ様でした。いいかんじにバフッたかなー?
2013.04.01 13:17 | URL | #- [edit]
DJがっつ says... ""
一般の人はキャンプとか出来ない所だからね。ほんと貴重な一時だったよ。日焼けで黒くはなってるけど、バフったかな。間違いなく体力は付いたけど。
2013.04.04 00:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://djgatz.blog.fc2.com/tb.php/25-26ee22da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。